【2016年10月】
1929年創刊、La Cucina Italiana(ラ クチーナ イタリアーナ)。
イタリア人なら誰もが知る、本国で最も著名な料理雑誌です。
2016年10月最新号などから、簡単に作れる郷土菓子3品を選びました。
材料も出来る限りイタリア産を揃えて、本場の味を目指します!
素朴でシンプル、一見すると地味に見えても、滋味深い味わい。
イタリア家庭の「今」を感じて、楽しんで。

【イタリア 秋の郷土菓子】
1.
Torta di castagne
トルタ ディ カスターニェ
フリウリ ヴェネツィア ジュリア州から、栗のパウンドケーキ。
北部最東端の州で、オーストリアとスロヴェニアの国境に接しています。
サン ダニエーレの生ハムでも有名な土地です。
栗の名産地でもあり、今回はフランス産の栗を使用予定。

2.
Cantucci limone e pistacchio
カントゥッチ リモーネ エ ピスタッキオ
トスカーナ州、そしてイタリアを代表する銘菓。
レモンとピスタチオが入ったカリカリクッキーです。
ビスコッティという名前ならピンと来る方も多いはず。
日持ちもするので、プレゼントに最適!

3.
Sbrisolona
ズブリゾローナ
ロンバルディア州のマントヴァより、トウモロコシ粉を使ったタルト。
『ロミオとジュリエット』や『リゴレット』の舞台としても登場する地域です。
ほろほろと崩れる食感。手で割って食べるのも美味しさの秘訣。

【形式】
実演見学とご試食。
作品の持ち帰りはご遠慮下さい。

【持ち物】
特になし。
気になる方はエプロンをご持参下さい。
ボールペン、ハンドタオルはご用意します。
レシピ、メモ用紙、クリアファイルはお持ち帰り頂けます。
冷房を効かせているので、羽織る物や膝掛けがあると便利です。

【料金】
6,000円 (税込)
当日、現金でお支払い下さい。
料理に合うワインは別途ご案内予定です。

【開催日時と定員】
A. 10月29日(土) 13:30 – 15:30 5名
B. 10月30日(日) 13:30 – 15:30 5名
5名以上のグループ参加をご希望の場合はご相談下さい。
参加申込は1名から受け付けております。